logo

「iPhone 4」対応のキャリアアンロックツールが登場

文:Erica Ogg(CNET News) 翻訳校正:矢倉美登里、長谷睦2010年08月05日 13時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iPhone Dev Teamが米国時間8月4日、ジェイルブレイク(脱獄)済みの「iPhone 4」のロックを解除し、どの携帯電話事業者でも利用できるようにする最新のハッキングツールをリリースした。

 今回リリースされたアンロックツール「ultrasn0w」は、Apple製スマートフォンとしては最新型のiPhone 4のほか、「iPhone 3G」と「iPhone 3GS」にも対応している。

 だが、このツールを利用するには、まずはジェイルブレイク済みのiPhoneが必要だ。iPhone Dev Teamは1日に、「Safari」のモバイルバージョンに存在する脆弱性を突いたiPhone 4向けのジェイルブレイクプログラムをリリースした。このジェイルブレイクで注目されたのは、「iOS」搭載端末を介して特定のサイトを訪問すると、サイト側はシンプルなPDFへのリンクとしてエクスプロイトを掲載可能で、リンクをクリックすること以外にユーザーの明示的な操作を必要としないという事実だ。ユーザーがクリックすると、サイトはPDFビューアがフォントをロードする仕組みを利用するエクスプロイトを起動し、結果的に、プログラムが無制限で端末にアクセスできるようになる。Appleは、この問題について調査を行っていると述べている。

 Appleは、iPhoneのジェイルブレイクについて、使用許諾契約に違反する行為なので、製品保証が無効になるとの見解をいまだに持ち続けている。だが米著作権局からは、こうした行為は著作権法の違反にあたらないとの判断が下されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集