logo

Android、第2四半期の米スマートフォン市場で首位--NPD調査

文:Lance Whitney(Special to CNET News) 翻訳校正:編集部2010年08月05日 10時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 調査会社NPDが米国時間8月4日にリリースした報告書によると、「Android」はいまや、米国でスマートフォン市場のトップシェアを誇るOSであるという。

 数々の新しいスマートフォンが第2四半期にリリースされたことを受け、Android OSは、米国消費者市場で販売された全スマートフォンの33%を占めた。この数字は、Research In Motion(RIM)の28%とAppleの22%を上回った。また、RIMが2番手となったのは、2007年第4四半期以来のことであると、NPDは述べた。

 Android携帯電話の上位5機種では、「Motorola Droid」が同四半期に最も多く売れた。「HTC Droid Incredible」「HTC Evo 4G」「HTC Hero」「HTC Droid Eris」がこれに続いている。Android端末の急増は、RIMを市場シェアで追い抜く支えとなったが、こうした端末は依然として、Appleの新しい「iPhone 4」の非常に高い消費者需要と対抗する必要がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集