logo

日本IBM、重複削除機能で最大25倍のデータ量を格納できるバックアップストレージ新製品

ZDNet Japan Staff2010年08月05日 11時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは8月4日、中堅中小企業や大手企業の部門単位でのデータバックアップに適したストレージ製品「IBM System Storage TS7610 ProtecTIER(プロテクティア) Deduplication Appliance Express」(以下、TS7610)を発表した。8月5日より販売を開始する。

 TS7610は、アクセスの速いディスクにデータを保存しながら、テープ装置によるバックアップ運用方法を適用できる仮想テープライブラリ装置。重複データを削減する機能によってストレージ容量の最大25倍のデータを格納できる「ProtecTIER」アプライアンス製品のエントリモデルとなる。

 上位機種が専用ラック型の形状であるのに対し、同製品は標準ラックに搭載できる3Uサイズのコンパクトな形状とした。重複データ削減機能においては、上位機種と同様に、IBMが特許を取得した独自のアルゴリズムである「HyperFactor」を活用している。一般的な「ハッシュ関数方式」では、わずかながらデータを誤って削除する可能性があるが、HyperFactorはデータ損失リスクがゼロで、信頼性が高いという。

 TS7610には、ストレージ容量が4テラバイトと5.4テラバイトの2モデルがあり、5.4テラバイトのモデルでは、最大135テラバイトのデータを保存できる。税別の最小構成価格は、4テラバイトモデルが804万2500円。5.4テラバイトモデルが921万8500円。同社では、2010年12月15日までの期間限定で、TS7610両モデルを半額で販売するキャンペーンを実施するという。

-PR-企画特集