logo

マイクロソフト、Mac向けOfficeにもカンバセーションビューを搭載へ

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年07月29日 10時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間7月28日、PC向け「Office」の最新版で追加したカンバセーションビューをMac向けOfficeの次期版の機能として追加する予定であることを認めた。Mac版Officeは2010年中のリリースが計画されている。

 Microsoftが28日に公開した「Office for Mac 2011」を紹介する動画で、同社は新しい電子メールスレッドビューのほか、リボンスタイルのインターフェースと新しいOfficeの一部となる新しいテンプレートギャラリーを披露した。カンバセーションスレッドは、長きにわたりGoogleの「Gmail」の売りの1つだったが、MicrosoftはWindows向けOfficeや「Hotmail」などの製品に同機能を着々と追加してきている。

 Microsoftはまた、新しいOutlookはMac OSのバックアップ機能である「Time Machine」や検索機能の「Spotlight」と連携すると述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集