logo

NEC、クラウド向けコンサルサービス発表--クラウド化に必要な要素を提言

富永恭子(ロビンソン)2010年07月28日 19時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは7月28日、情報システムへのクラウドサービス適用について迅速に分析、提言するコンサルティングサービス「クラウド化クイックアセスメント」と「クラウド化企画サービス」の販売を同日より開始すると発表した。

 両サービスは、NEC自身が基幹システムを刷新し、クラウド化する中で培ったノウハウをベースにしている。業務プロセスやシステムのみならず、IT関連の組織やガバナンスの状況など、クラウド化の検討に必要な要素を幅広く分析、提言する点が最大の特長だという。

 クラウド化クイックアセスメントは、NEC独自の「クラウド化アセスメントツール」を用いて、業務プロセス、情報システム、IT基盤、IT関連組織、ガバナンス等の標準化の達成状況を簡易診断。企業の方針や文化、事業環境等を踏まえた上で、情報システムやIT基盤でクラウド化が可能な領域、期待効果や課題、推進計画案など、最適な標準化方針とクラウドサービス適用のシステムマップ、解決すべき課題に対する今後の活動ロードマップを最短1カ月で提示するサービスだ。そのため、どのシステム領域でクラウド化が可能か、課題は何かを総括的に把握したいというニーズを持つ企業に適しているとしている。

 クラウド化企画サービスは、主に基幹システムの再構築を検討している企業が対象。事業や業務の特性に基づき業務のパターン化を行い、業務の標準化状況や基幹業務システムの整備、活用状況等の分析を実施して、クラウドサービスが適用可能な業務領域をサブシステムのレベルまで詳細に検討、特定する。特定したクラウド適用対象の業務領域に対して、SaaS型や個別対応型などクラウド化の実現形態、クラウド化に向けた業務やシステムの統合および標準化の方向性や施策を提示し、投資効果の算定、クラウド化へのゴールに向けた実行計画を提示するという。

 クラウド化クイックアセスメントは、基幹システムおよび周辺システムを対象に1カ月からのサービス提供期間で1情報システム部門あたり50万円(税別)から。クラウド化企画サービスは、同様に基幹システムを対象に2カ月からの提供期間で1000万円(税別)からとなる。

 NECでは、専門コンサルタント20名の体制で両サービスの提供を開始する。体制を順次拡大させながら、今後3年間で100社に両サービスの販売を目指す。

-PR-企画特集