logo

日本HP、メール送信で印刷できるプリンタ「B110a」を1万2810円で発売へ

坂本純子(編集部)2010年07月28日 17時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は7月28日、スマートフォンなどからメール経由でプリントできる個人向けインクジェット複合機「B110a」を8月5日に発売すると発表した。HP Directplus価格は1万2810円。6月に米国香港で発表した製品が、いよいよ日本でも発売される。

  • 個人向けインクジェット複合機「B110a」

 B110aは、プリンタドライバのないデバイスから印刷できる「メール de プリント」と、PCなしでプリンタ本体の液晶画面からネットにアクセスし、コンテンツをプリントできる「アプリ de プリント」機能を備えているのが最大の特徴だ。IEEE802.11n対応の無線LAN機能と、2.4インチのカラー液晶とタッチフレームを搭載している。

 日本においてはメール de プリントとアプリ de プリントに対応した初めての製品で、今後は秋に向けてさらに大画面のタッチパネル搭載モデルなど、ラインアップを拡充していく方針だ。今後の製品は個人向け法人向けを問わず、すべてメール de プリントとアプリ de プリント機能を備えたものにしていくという。

  • 今後発表予定のラインアップ

 B110aには専用の電子メールアドレスが1つ付与されており、スマートフォンなどから専用メールアドレスにメールを送信して印刷する。メール本文のほか、添付する画像(BMP、JPEG、PNG、GIF、TIFF)やPDF、Office文書もプリント可能だ。

 メールを介してプリントするため、スマートフォンのみならず、iPadやノートPCなど、メールに対応するあらゆる機器からドライバを気にすることなく出力できる。発表会では、シンガポールとスカイプを通じて会話しながら、スマートフォンを使って日本の発表会場へプリントするデモが披露された。

 日常では、急いでいる時に異動先からメールや会議の資料をプリントしておき、会議の準備時間を短縮するといった使い方や、移動中にiPhoneで撮った写真を送り、自宅に戻ってプリントされた写真をゆっくり楽しむといった使い方ができる。

 アプリ de プリントは、プリンタ本体の液晶画面からインターネットにアクセスし、専用アプリを通じて塗り絵やクーポン券などさまざまなコンテンツをプリントできる機能だ。米国では32種類のアプリが用意されており、日本においてはぐるなびやクレオ、ウェザーニューズとの提携が発表された。ぐるなびは、レストランの検索とクーポン券や店の地図がプリントできるアプリを提供するほか、クレオは年賀状や季節の挨拶状などをプリントできるアプリ、ウェザーニューズは登録した地点のピンポイントの天気予報がプリントできるアプリを提供する。

 今後は日本独自のコンテンツをさらに増やす方針で、「数の目標は設けていないが、目安として最低100アプリがあるとお客様も便利だと思っており、搭載する準備をしている」という。

  • 日本HP 執行役員 イメージング・プリンティング事業統括の挽野元氏(左)、日本HP 代表取締役 社長執行役員の小出伸一氏(右)

 日本HP 執行役員 イメージング・プリンティング事業統括の挽野元氏は、「今日は、10年に1度ぐらいの革新的な技術を発表できる場」と挨拶。

 「日本においても、モバイルのデバイスが主役になってきているのが事実だが、紙は究極のモバイルデバイスで、最終的には紙に出すという需要は絶対にある。現在の日本におけるプリンタのシェアは8%ぐらいだが、今回の製品をきっかけに3年以内に15%を達成したい」と意欲を見せた。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集