サイボウズ、中国語や英語にも対応「ガルーン 3」--価格体系も見直し

新澤公介(編集部)2010年07月27日 21時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイボウズは7月27日、大規模向けグループウェア製品「サイボウズ ガルーン」の最新版となる「ガルーン 3」を発表した。8月30日から販売する。

 ガルーン 3では、表示される言語を日本語のほか英語と中国語(簡体字)に変更できるようにした。同社によると、「母国語の異なる社員とのコミュニケーションにグループウェアを利用したい」といった要望を受けての新機能という。言語はユーザー自身が切り替えられるほか、管理者が使用言語を制限することも可能だ。英語と中国語以外の言語への対応については、市場のニーズにあわせて検討していくとしている。

 このほか新機能として、記事録や日報、報告書などをフォーマットにあわせて作成、共有できる「マルチレポート」機能を追加。「スケジュール」機能との連動が可能で、会議の予定などと関連付けて保存できる。また、重要なメッセージやファイルを登録し、すぐに閲覧できるようにする「お気に入り」機能や、複数のファイルを一括してアップロードしたり、ダウンロードできる機能などを追加している。

  • 青野氏は、言語切り替えは序の口と自信を見せている

  • ガルーン 3では価格体系を大幅に見直している

 サイボウズ代表取締役社長の青野慶久氏は、ガルーン 3について、「英語と中国語への対応は序の口。今後は、拠点間の時差への対応やスケジュール機能の強化、リモートサービスの国際化対応など、順次バージョンアップを進める」と述べた。

 またガルーン 3では今回、価格体系を大幅に変えている。ガルーン 2では本体価格800万円に加えて、ワークフローや携帯電話との連動、全文検索のオプション機能を追加すると、1000ユーザーで2110万円にのぼったという。

 ガルーン 3では、これらのオプション機能が無料で提供され、新規ユーザーは1000ユーザー800万円で利用できる。2年目以降は、年間継続料として1000ユーザー160万円となる。また、ライセンスの切れた企業ユーザーに対しては8月30日以降、移行キャンペーンを実施する予定としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加