logo

ビジネスやプライベートで「使える」厳選iPadアプリ--「読書アプリ」編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 未だいまだ人気の衰えを見せないiPad。テレビでもよく紹介されるからか、筆者の80代の祖母をはじめ、行きつけの美容室でも「iPadっていうのがあるんだって?」と聞かれた。普段はIT機器に興味がない層にまでその名は浸透しているようだ。

 さて、前回は、iPadの大きな画面サイズを活かして自由に文字や絵が描けるアプリや、録音しながらノートが取れるアプリなどを紹介する「ノートアプリ編」をお送りした。今回は、iPad発売時から最も話題となっていた「iPadで読書する」ためのアプリを5つ紹介する。

■i文庫HD
700円(期間限定価格。通常価格は900円)

 まず最初に紹介するi文庫HDは、青空文庫の文学作品や、PDFドキュメントなどを読むためのリーダアプリだ。230冊もの本が内蔵されているので、アプリをインストールするだけですぐに本が読める。また、読みたい本がなくても、青空文庫の9000冊を超える蔵書から、簡単にダウンロードできる。

 未だいまだ人気の衰えを見せないiPad。テレビでもよく紹介されるからか、筆者の80代の祖母をはじめ、行きつけの美容室でも「iPadっていうのがあるんだって?」と聞かれた。普段はIT機器に興味がない層にまでその名は浸透しているようだ。

 さて、前回は、iPadの大きな画面サイズを活かして自由に文字や絵が描けるアプリや、録音しながらノートが取れるアプリなどを紹介する「ノートアプリ編」をお送りした。今回は、iPad発売時から最も話題となっていた「iPadで読書する」ためのアプリを5つ紹介する。

i文庫HD
700円(期間限定価格。通常価格は900円)

 まず最初に紹介するi文庫HDは、青空文庫の文学作品や、PDFドキュメントなどを読むためのリーダアプリだ。230冊もの本が内蔵されているので、アプリをインストールするだけですぐに本が読める。また、読みたい本がなくても、青空文庫の9000冊を超える蔵書から、簡単にダウンロードできる。

 未だいまだ人気の衰えを見せないiPad。テレビでもよく紹介されるからか、筆者の80代の祖母をはじめ、行きつけの美容室でも「iPadっていうのがあるんだって?」と聞かれた。普段はIT機器に興味がない層にまでその名は浸透しているようだ。  さて、前回は、iPadの大きな画面サイズを活かして自由に文字や絵が描けるアプリや、録音しながらノートが取れるアプリなどを紹介する「ノートアプリ編」をお送りした。今回は、iPad発売時から最も話題となっていた「iPadで読書する」ためのアプリを5つ紹介する。 ■i文庫HD 700円(期間限定価格。通常価格は900円)  まず最初に紹介するi文庫HDは、青空文庫の文学作品や、PDFドキュメントなどを読むためのリーダアプリだ。230冊もの本が内蔵されているので、アプリをインストールするだけですぐに本が読める。また、読みたい本がなくても、青空文庫の9000冊を超える蔵書から、簡単にダウンロードできる。

-PR-企画特集