キヤノン、ビデオカメラ「iVIS」に新機種--こだわりオートでおまかせ撮影

加納恵(編集部)2010年07月14日 13時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンマーケティングジャパンは7月14日、ビデオカメラ「iVIS」シリーズにおいて、新製品「iVIS HF M32」(M32)と「iVIS HF R11」(R11)の2製品を発表した。撮影環境をビデオカメラが認識し補正する、オート機能を内蔵する。8月上旬に発売する。

 M32は64Gバイト、R11は32Gバイトのメモリを内蔵。いずれもSDカードスロットも設けたダブルメモリモデルになる。

 前機種から引き続き搭載する「こだわりオート」機能は、撮影環境を31シーンに分類して認識し、状況に応じて適正な設定に調整するというもの。逆光や露出など、自分で操作する必要のあった調整をカメラ側が補正することで、夕焼けやスポットライトなど撮影が難しかったシーンでの撮影をサポートしてくれるとしている。

 上位機のM32には、2.7型のタッチパネル式液晶モニタを搭載。タッチパネル部を外装部の上に配置したことで、スクロールやスライド操作がしやすいという。タッチパネルの構造には抵抗膜式を採用しており、手袋をしたままの操作などにも対応する。

 手ブレ補正には、広角撮影時のブレをおさえる「ダイナミックモード」と望遠時でのブレを止める「パワードIS」を装備。モニタ脇に設けられたパワードISボタンは、位置や大きさなどについて試作を重ね、小さなブレにも対応するよう考慮されているという。

 M32は、1/4型 CMOSセンサを搭載し、光学15倍のズームが可能。ボディカラーはブラックとスノーシルバーの2色を用意する。店頭想定価格は10万円前後になる。

 R11は、1/5.5型のCMOSセンサを内蔵し、光学20倍のズームレンズを採用。ボディカラーはブラックとスノーシルバーの2色をそろえる。店頭想定価格は6万円前後になる。

「iVIS HF M32」 「iVIS HF M32」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加