logo

Opera、「Opera Mini 5.1」をリリース

文:Jessica Dolcourt(CNET News) 翻訳校正:湯本牧子、福岡洋一2010年07月09日 14時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ノルウェーのOpera Softwareは、2009年9月に「Opera Mini」ブラウザをJava対応携帯電話向けに改良してモバイル界を驚かせた。このときの大幅な手直しによってOpera Miniはインターフェースの魅力が増し、タブブラウジングなどの機能も洗練された。

 そしてOperaは現地時間2010年7月8日、一部のNokiaおよびSony Ericsson製携帯電話などに向けて、Opera Miniの最新版「Opera Mini 5.1」をリリースした。

 Opera Mini 5.1では、より多くのウェブページを同時に開けるよう、ブラウザスキンが変更された。バックエンドのアップデートとしては、特にスクロール速度など、処理速度が全体として向上している。

 Operaはプレスリリースの中で、メモリ容量が少ない端末、または画面サイズが比較的小さい端末について、アップデートを「強く」推奨している。今回のアップデートは、特にメモリ不足によるエラーや表示の際にリロードを要求するウェブページの閲覧など、パフォーマンス上の問題に重点的に対処している。

 Opera Mini最新版へのアップデートが望ましい機種として、Operaは具体的に以下の端末を挙げている。

  • 「Nokia 5130 XpressMusic」
  • 「Nokia 6300」
  • 「Nokia 2700 classic」
  • Sony Ericsson「K550i」
  • Sony Ericsson「W810i」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集