logo

ソニー、VAIO Fシリーズ、Cシリーズに発熱の恐れ--最新BIOSを提供

加納恵(編集部)2010年06月30日 21時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは6月30日、ノートPC「VAIO パーソナルコンピューター Fシリーズ、Cシリーズ」の一部の製品において、過剰発熱による外装変形の恐れがあると発表した。BIOSのアップデートを呼びかけている。

 対象製品は、1月に発売したFシリーズの「VPCF119FJ/BI」「VPCF118FJ/W」「VPCF117FJ/W」と、Cシリーズの「VPCCW29FJ/W」「VPCCW28FJ/P」「VPCCW28FJ/R」「VPCCW28FJ/W」。また、VAIOオーナーメードモデルFシリーズの「VPCF11AFJ」「VPCF11AGJ」「VPCF11AHJ」「VPCF11ZHJ」とCシリーズの「VPCCW2AFJ」「VPCCW2AHJ」。

 ソニーでは、過剰に発熱した状態の本体に触れた場合、熱傷を負う可能性があるとしている。該当製品のユーザーには、発熱防止のため、最新のBIOSを提供している。BIOSアップデート対象台数は約6万6000台(全世界では約64万6000台)とのことだ。

 なお日本国内では、発熱によるユーザーからの熱傷の報告や当該症状による発熱等の事例報告は出ていないとのこと。

 ソニーでは、VAIO カスタマーリンク VAIO F/Cシリーズ対応窓口(電話:0120-55-5078)を用意したほか、該当製品を確認できるホームページを設けた。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集