logo

KDDI、auケータイ向けにARアプリケーション「セカイカメラZOOM」--7月より提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIおよび沖縄セルラーは、au携帯電話向け拡張現実(Augmented Reality:AR)アプリケーション「セカイカメラZOOM」を7月1日より提供する。

 セカイカメラZOOMは、KDDIおよびKDDI研究所が共同開発したARプラットフォーム「実空間透視ケータイ」と、頓智・の「セカイカメラ」を連携させたアプリケーションだ。コメントや撮影した写真などを、アプリケーションを通して実空間上に投稿できる。また、「Twitterクライアント機能」を備えており、ワンボタン操作でTwitterも利用できる。

 対応機種は、W62CA、W63CA、CA001、CA002、CA003、CA004、CA005、W62H、W63H、H001、Mobile Hi-Vision CAM Wooo、beskey、W54SA、W61SA、W63SA、W64SA、SA001、SA002、W54S、W61S、フルチェンケータイ re、Walkman Phone,Premier3、Cyber-shotケータイ S001、BRAVIA Phone U1、URBANO BARONE、Cyber-shotケータイ S003、W62SH、W64SH、SH001、SH002、SH003、SH004、SH005、SH006、W56T、W61T、W62T、W64T、W65T、T002、G9、PLY。

 情報料は無料。ダウンロードは、au携帯電話から「EZ」→「au oneトップ」→「ラボ/セカイカメラ」→「セカイカメラZOOM」、または「EZ」→「au oneトップ」→「セカイカメラ」で検索して行う。

-PR-企画特集