日本IBM、BPMNに準拠し技術部門とビジネス部門の双方で使えるBPMソフト発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは6月18日、ビジネスプロセス管理(BPM)ソフト「IBM WebSphere Lombardi Edition V7.1」(以下、WebSphere Lombardi Edition)を発表した。発売は6月19日。同製品は、ITの専門知識を持たない担当者でも、ビジネスのパフォーマンス監視や、業務プロセス図の作成、シミュレーションなどができるもの。IBMが2009年12月に買収を発表した米Lombardi Softwareの製品で、日本では初めての提供となる。

 WebSphere Lombardi Editionでは、個人やチームのパフォーマンス、サービスレベルなど、ビジネスプロセスの実行状況を可視化するテンプレートである、標準スコアボードを用いることで、迅速に業務プロセスのパフォーマンスをグラフやレポートにして表示できる。プロセスの実行状況をリアルタイムで把握することが可能だ。さらに、グラフのドリルダウンにより、その背後にある詳細情報が表示される。標準スコアボードは40種類以上提供されており、業務ごとにスコアボードを作成する必要はない。

 また、業務プロセスモデリングの業界標準表記法であるBPMN(Business Process Modeling Notation)に対応し、IT部門の担当者だけでなく、ビジネス担当者にもわかりやすい表記で業務プロセスを設計できる。作成した業務プロセス図は、「実行時間」や「待ち時間」といったKPI (重要業績評価指標)を設定すれば、期待される動作、目標を達成できるかをシミュレーションし、その結果に基づいて、業務プロセスの再設計、最適化を行える。

 業務プロセスの設計、開発、実行など、すべての成果物は、集中リポジトリで一元管理する共有モデルアーキテクチャを採用しており「BPMを推進するビジネス部門とIT部門が共同で誤解なく作業を進めることが可能」(同社)としている。単一の設計環境を用意していることも特徴のひとつだ。ビジネスプロセスのモデル化、シミュレーション、実行、実装といったBPM環境を構築する場合、従来はビジネス担当者と開発担当者がそれぞれに別のソフトを購入する必要があったが、この製品では、1つのソフトで両方の機能を提供しており、プロセス設計とシステム実装を進める上で、ビジネス部門とIT部門が密に連携できるという。

 新製品の使用料金(いずれも税別)は、IBM WebSphere Lombardi Edition-Server(実行サーバ)が786万5000円 (100PVU単位の場合)。IBM WebSphere Lombardi Edition-Participant (実行サーバ)が13万5900円 (許可ユーザー単位)。IBM WebSphere Lombardi Edition-Author (開発環境)が、71万5000円 (許可ユーザー単位)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加