キヤノン、9600dpiCCDセンサ搭載のフラットベッドスキャナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンは、フラットベッドスキャナ「CanoScan(キヤノスキャン)」シリーズの新製品として「CanoScan 9000F」を発表した。9600dpiの新CCDセンサを搭載する。7月8日に発売する。参考価格は2万5980円。

 CanoScan 9000Fは、シリーズのフラッグシップモデル。新開発の解像度9600dpiのCCDセンサ、STレンズの搭載と、フィルム読み取りユニットの改良により、高速でのフィルムスキャンができるとしている

 9600dpiのフィルムスキャンでは、階調を保持したままスキャンすることで、スキャン画像のレタッチを実現。35?フィルムなら、スリーブで最大12コマ(6コマ×2列)、マウントフィルムなら最大4コマの連続スキャンが可能だ。

 「7EZ(イージー)ボタン」の搭載により、使用頻度の高いコピーやスキャン、PDFファイル作成などワンタッチで操作が可能。使い勝手に配慮したという。

「CanoScan 9000F」 「CanoScan 9000F」
デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加