フォースメディア、トリプルディスプレイ採用のデジタルフォトフレーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フォースメディアは6月15日、J-Forceブランド製品として、トリプルディスプレイを採用したデジタルフォトフレーム「JF-DPF315」を発売した。写真や時計、カレンダーを自由に組み合わせて表示できる。大手量販店やPCショップなどで販売する。店頭想定売価は5980円の見込み。

 JF-DPF315は、1.5型TFT LCDパネルを3個搭載したデジタルフォトフレーム。時計やカレンダーが標準搭載され、カレンダーと写真と時計や、2つの写真と時計など、7通りの組み合わせで表示できる。

 専用アプリケーションをPCにインストールし、PC内に保存された画像をトリミングすることも可能。対応画像形式はBMPとJPGの2種類で、JF-DPF315をPCとUSB接続すれば、内蔵2Mバイトメモリに約110枚の加工画像を保存できる。写真データの取り込みや差し替えの操作は、Windows OSとMac OSの両方に対応する。

 本体サイズは高さ60mm×幅135mm×奥行き45mmで、質量は203g。タッチセンサーボタンを採用することで、操作部の突起部を排除したという。電源には内蔵リチウムポリマー電池を採用。USBからの充電にも対応し、フル充電すれば連続約4時間の使用が可能となる。

JF-DPF315K デジタルフォトフレーム「JF-DPF315K」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加