富士通、個人向けPCの製品名称を変更--LIFEBOOKとESPRIMOで世界統一

坂本純子(編集部)2010年06月09日 19時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は6月9日、パソコン「FMV」のラインアップを一新するとともに、グローバルビジネスの拡大に向けて、シリーズの名称を変更した。

  • 2010年夏モデルよりシリーズの名称を変更

 これまで、日本ではノートPCを「BIBLO」、デスクトップPCを「DESKPOWER」としてシリーズ展開してきた。2010年夏モデルより、ノートPCを「LIFEBOOK」、デスクトップPCを「ESPRIMO」とし、全世界共通の製品名称を国内個人向けPCに採用した。

 LIFEBOOKは、いつもあなたのLIFE(生活)のそばにいるという意味を込めたもので、ESPRIMOは、ESPRIT(機知に富む)とEXPRESS(表現する)、PRIME(最高の)を合わせた造語だという。

 富士通執行役員常務の大谷信雄氏は、「LIFEBOOKは海外で好評いただいている。共通ブランドをFMVが得ることで、よりたくましいFMVへと生まれ変わりたい」とし、海外で認知されているブランドを選択したことを明かした。

 世界で同一製品を利用できるようにするほか、保守部品やナレッジをワールドワイドで共有し、世界中どこでも均質で素早い対応を目指すとしている。

 一方で、製品のコンセプトは従来と変わらないという。ブランド「FMV」はFujitsu PC Materializes your Vision(富士通PCはあなたのやりたいことを実現します)の頭文字を取ったもので、あらゆる生活シーンで役立つライフパートナーとしての存在を目指す。

  • 柴咲コウさんも登壇

 今回は、ユーザーのやりたいことをできることに変えるとし、「デキル、がココに。」を新ブランドメッセージとした。

 新ブランドに伴い、CMキャラクターも木村拓哉氏から唐沢寿明氏と柴咲コウさんへとチェンジ。CMでは、2010年夏モデルの目玉となる3D対応PCの機能や楽しさを見せていく。

 会場には柴咲コウさんが登壇し、「2D映像を3Dで見られるのはすごい」と笑顔でアピールした。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加