logo

NTT Com、クラウド型仮想デスクトップサービス「Bizデスクトップ」

新澤公介(編集部)2010年06月04日 21時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は6月2日、クラウド型で提供する仮想デスクトップサービス「Bizデスクトップ」を発表した。6月9日に提供開始する。

 Bizデスクトップでは、同社の「BizCITY」サービスのデスクトップ環境をVPNやインターネット、モバイルネットワークなどを通じて利用できる。データはブラウザを終了すると全て消去されるため、セキュアな環境でPCや携帯電話からICTリソースにアクセスできるとしている。

 Bizデスクトップは、「Bizデスクトップ ベーシック」と「Bizデスクトップ Pro」で構成される。Bizデスクトップ ベーシックでは、PCのブラウザやNTTドコモのiアプリを使ってMicrosoft Officeファイルや画像ファイルの閲覧、メールの送受信が可能になる。サービス開始当初は、Microsoft Office互換ソフトとウェブメール、メモ帳のアプリケーションを用意する。

 Bizデスクトップ Proでは、NTT Comのクラウド上に作成した仮想PCに同社のVPNサービスを使ってアクセスする。Bizデスクトップ Proサーバ上でPCの一括管理が可能となり、不要なアプリケーションのインストールを防止するなどセキュリティ対策が行えるとしている。

 Bizデスクトップ ベーシックの価格は、初期費用が1契約につき2万1000円で、1IDにつき月額1260円。Bizデスクトップ Proは初期費用2万1000円(30ID利用時)からで、月額7万8750円から。Bizデスクトップ Proについては、Microsoft Officeやウイルスバスター コーポレートエディションをオプションとして追加できる。

-PR-企画特集