logo

サイボウズ、SharePointベースの新グループウェア「Cybozu SP Apps」を6月14日発売

柴田克己(編集部)2010年06月02日 12時33分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイボウズは6月1日、Microsoft SharePoint Serverをベースとしたグループウェア製品「Cybozu SP Apps」シリーズを発表した。第1弾として「Cybozu SP ワークフロー」と「Cybozu SP 掲示板」の2製品を6月14日に発売する。Cybozu SP Appsシリーズは、同社とマイクロソフトが2009年9月に行ったグループウェア分野での業務提携における具体的な成果となる。

青野慶久氏 サイボウズ、代表取締役社長の青野慶久氏

 Cybozu SP Appsは、マイクロソフトのコラボレーションプラットフォーム製品であるSharePoint Serverの技術基盤を利用しつつ、サイボウズが同社の持つグループウェアのノウハウを投入したフロントエンドとして提供される。サイボウズ、代表取締役社長の青野慶久氏は、同製品に「ユーザー操作」「メンテナンス」「運用開始」の3つの面での「簡単さ」を追求したものであると説明した。

 Cybozu SP Appsでは、ディレクトリ管理機能、サイト管理機能、検索機能、国際化機能といった部分については、SharePointおよび.NET Frameworkの共通基盤を利用しつつ、ユーザーインターフェースの部分において、サイボウズ独自の開発を行っている。

Cybozu SP 掲示板 「Cybozu SP 掲示板」の画面(画像クリックで拡大表示)

 たとえば、SharePoint本来のカスタムリスト機能では、未既読管理ができないが、この機能をベースとしたCybozu SP 掲示板では、各ユーザー単位での未既読管理、未読文書タイトルの太字表示といった機能を独自に実装している。また、掲示板、ワークフローのいずれにおいても、各種情報の時系列によるソートや、Active Directoryの組織階層からのマウス操作によるユーザー選択といった操作が独自に取り入れられている。そのほか、掲示板とワークフローを組み合わせ、ワークフローで承認を受けた内容を自動的に掲示板へ掲出するといった連携も可能となっている。

 提携発表会に続き、今回の製品発表にも同席したマイクロソフト代表執行役社長の樋口泰行氏は、「SharePointはマイクロソフト製品の中でも急速に伸びており、ユーザーベースも大きい。これに、日本におけるグループウェアの開発、販売で実績とノウハウを持ったサイボウズの製品が付加されることは、非常に喜ばしい」と、両社の協業が補完的なもので、順調に進んでいることを改めて強調した。

 樋口氏によれば、協業発表からこれまでの間に、既存顧客のヒアリングや製品設計を含む共同での製品開発、トレーニングの実施によるSharePoint技術者の育成、共同でのプロモーションや販売提案などを行ってきたという。

樋口泰行氏 マイクロソフト、代表執行役社長の樋口泰行氏

 「その結果、(両社の協業に対する)国内市場での期待感が高いことを実感した。SP Appsについては早期導入ユーザーの評価も高い」(樋口氏)

 また、米Microsoftの開催するSharePoint Conferenceに青野社長以下、サイボウズの大勢の社員が出向き、本社幹部との情報交換などを行うことで、「日本発で、日本初のグループウェアの世界展開も視野に入れた」(樋口氏)協業を引き続き行っていくとした。

 今後は、マイクロソフト大手町テクノロジーセンターでの共同提案や、両社共通のパートナー企業との連携強化、また共同キャンペーンの展開などを行っていく。また、Cybozu SP Appsシリーズについては、年内にも先ごろボリュームライセンスの販売が開始されたばかりの「Microsoft SharePoint 2010」対応を予定していほか、2011年の春ごろをめどに「Cybozu SP スケジューラー」の提供を予定しているという。

 近年、企業ユーザーの関心が高まるクラウド環境への対応については、「視野に入れている。ユーザー動向を見つつ検討したい」(青野氏)とした。

 Cybozu SP 掲示板の価格は、1年分の保守を含むユーザーライセンスが35万円(100ユーザー)より、次年以降の保守ライセンスが、5万2500円(100ユーザー)より。Cybozu SP ワークフローの価格は、1年分の保守を含むユーザーライセンスが70万円(100ユーザー)より、次年以降の保守ライセンスが10万5000円(100ユーザー)より。なお、Cybozu SP スケジューラーの予定価格は、同70万円、10万5000円となっている。発売記念キャンペーンとして、6月1日から7月31日までの期間にエントリーを行ったユーザーに対し、掲示板とワークフローを50%引、スケジューラーを80%引で提供する「ダブルで割引キャンペーン」を実施している。

-PR-企画特集