SAPジャパン、企業の環境規制への対応を支援するソリューション最新版

ZDNet Japan Staff2010年06月01日 12時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SAPジャパンは6月1日、企業における温室効果ガス排出規制の遵守やエネルギー消費削減余地の特定を支援するソリューションである「SAP Environmental Compliance」の最新版を同日より提供開始すると発表した。環境や衛生に関する規制対応やコンプライアンスをサポートする「SAP Environment, Health, and Safety Management」の一機能として提供される。

 SAP Environmental Complianceは、温室効果ガスやVOC(揮発性有機化合物)の排出量やエネルギー消費の現状を、製造工程における装置、工程レベルで可視化する。また、「SAP Manufacturing Integration and Intelligence」との連携により、各種生産制御システムからエネルギー消費データを自動的に収集し、エネルギーが削減できる余地を特定できるという。そのほか、排出関連法規制要件および規制逸脱への対応の文書化、ワークフローによるデータ入力作業のスケジュール化、作業進捗の可視化といった機能により、排出管理プロセスの標準化を支援できるとしている。

 最新版では、特に「SAP BusinessObjects BI」との連携強化により、分析機能やレポーティング機能が拡張された。「SAP BusinessObjects Explorer」との連携により、エネルギー消費データを生産ライン、装置、製品、カテゴリ、製造工程、時間帯などの異なる軸から自由に分析できるようになっている。これにより、排出管理担当者がエネルギー消費を抑制し、排出削減するための意思決定を支援するという。また、「SAP BusinessObjects Xcelsius」との連携により、マネジメントにあたって重要なサマリ情報をダッシュボードとして可視化することも可能だ。そのほか、レポート作成ツールの「SAP BusinessObjects Crystal Reports」との連携も強化されているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加