日本ユニシス、クラウドユーザー向けにセキュリティと統合監視ソリューションを提供

富永恭子(ロビンソン)2010年05月28日 10時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ユニシスは5月27日、同社の「ICTホスティングサービス」を利用するユーザー向けの新サービスとして、「セキュリティソリューション for ICTホスティングサービス(セキュリティソリューション)」および「統合監視ソリューション for ICTホスティングサービス(統合監視ソリューション)」の提供を同日から開始することを発表した。両サービスは、ICTホスティングサービス上に構築されるユーザーシステムのセキュリティ強化と稼働監視機能の提供を実現するものだという。

 ICTホスティングサービスは、日本ユニシスがデータセンターの基盤上で提供するオンデマンドホスティングサービス。IaaSレイヤのクラウドサービスであり、その上に構築されるユーザーのシステムに対するセキュリティ確保や稼働監視による可用性の確保は、ユーザーの責任範囲となる。今回、提供開始する両サービスは、これまでユーザー自身が調達していた機能を同社の利用型サービスとして提供するものだ。これによりユーザーは、調達、構築、運用の負荷が軽減し、導入期間も短縮できるとしている。

 セキュリティソリューションは、24時間365日リアルタイムでウイルスを監視する「サーバー型ウイルス対策サービス」や「不正侵入検知(IDS)/不正侵入防御(IPS)サービス」、インターネット公開用セグメントに設置するサーバに、OSレベルで基本的なセキュリティ設定を提供する「DMZ設置サーバーのセキュリティ設定サービス」、システムやウェブアプリケーションなどに潜在的に含まれる代表的な脆弱性の有無やその影響度と重要度を確認する「脆弱性診断サービス」を提供する。

 また、統合監視ソリューションは、日本ユニシスから提供するOS環境とユーザーが導入したアプリケーションやシステムに対して、サービスプロセス監視とイベント監視(ログ監視)を実施する。監視対象に合わせ、システムリソース性能の限界値、常駐プロセスの動作状況、ログを監視する「ベーシック監視サービス」と、ベーシック監視に特定ミドルウェアに対する稼働状況の監視を加えた「プレミアム監視サービス」2種類のサービスが選択可能だ。

 セキュリティソリューションのサーバー型ウイルス対策サービスは、月額5000円(税別)から。統合監視ソリューションのベーシック監視サービスは、月額1万4000円(税別)からの提供となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加