logo

ソニー、巻き取れる有機TFT駆動有機ELディスプレイを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは5月26日、柔軟性が高く、細い棒状に巻き取れる厚さ80マイクロメートル、精細度121ppiの4.1型有機TFT駆動フルカラー有機ELディスプレイを開発したと発表した。

 同社では本ディスプレイ実現のため、独自開発の有機半導体材料(PXX誘導体)を用い、駆動力を従来比の8倍へと向上させた有機TFTを新開発したという。

 また、20マイクロメートルの極薄フレキシブル基板上に有機TFTと有機ELを集積化する技術や、巻き取りの邪魔になる固いICチップの代わりに、やわらかい有機TFTでゲートドライバ回路を形成する技術、有機TFTと有機ELの集積回路中の絶縁膜をやわらかい有機材料で構成する技術をあわせて開発したとしている。

 この3つの技術を組み合わせることで、世界で初めて、曲率半径4mmの太さで巻いたり伸ばしたりしながら動画を再生できる有機ELディスプレイの試作に成功した。

 巻き取れる有機TFT駆動フルカラー有機ELディスプレイは、薄く、軽く、耐衝撃性や収納性に優れたモバイル機器の実用化につながると期待されるとのことだ。

有機ELディスプレイ ディスプレイを曲率半径4mmで巻き取りながら写真を表示(動画表示も可能)

-PR-企画特集