logo

次期「iPhone」のCM、有名映画監督が撮影か--出演候補の俳優らがTwitterで明かす

文:Erica Ogg(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年05月26日 10時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの最新コマーシャルのオーディションを受ける俳優たちは、同社の秘密主義への執着に関するメモを受け取らなかったようだ。

 Engadgetによると、2人の俳優がAppleの新しいコマーシャルのオーディションを受ける予定であることをTwitterに投稿しているという。ありきたりのテレビ広告ではない。それらの俳優の1人によると、コマーシャルの監督を務めているのは、おそらく映画「アメリカン・ビューティー」の監督として最も有名なSam Mendes氏だという。

 Engadgetは複数の情報筋の情報として、Mendes氏がシリーズもののAppleコマーシャルを撮影しているとも報じた。その1つでは、母親と娘が「iPhone」のビデオチャット機能を使用しているという。Gizmodoが4月に買い取った「iPhone 4G」紛失機の写真を見ると、確かに双方向ビデオ会議に必要なカメラが本体前面に搭載されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。 原文へ

-PR-企画特集