logo

バッファローとNTTBP、ドコモ3G/Wi-Fi対応のモバイルルータ<ポータブルWi-Fi>

坂本純子(編集部)2010年05月26日 16時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バッファローは、3G/Wi-Fi対応のモバイルルータ<ポータブルWi-Fi>「DWR-PG」を6月24日に発売すると発表した。メーカー希望小売価格は3万7000円。

  • ポータブルWi-Fiの特長

 ポータブルWi-Fiは、公衆無線LAN(Wi-Fiエリア)に入ればFOMA回線から無線LANへ設定なしに自動で切り替わるなど、ネットワークの自動選択と接続、自動で切り替えられる「コグニティブ機能」を搭載したWi-Fiルータだ。人口カバー率100%のNTTドコモによるFOMAハイスピード回線を強みとする。専用のクレードルを使えば有線LANも利用可能だ。

  • NTTBP代表取締役社長の小林忠男氏(左)、バッファロー代表取締役社長の斉木邦明氏(右)

 ポータブルWi-FiはバッファローとNTTブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)が共同で開発したもので、NTTBPが企画開発したルータ「PWR(Personal Wireless Router)」のノウハウや技術、2009年に実施したフィールドトライアルの実施結果をもとに製品としての精度を高めてきた。

 ポータブルWi-Fiを使えば、iPadやiPod touch、スマートフォン、ニンテンドーDSなどWi-Fiを搭載した機器をNTTドコモのFOMAネットワークを介して下り最大7.2Mbps、上り最大5.7Mbpsでインターネットに接続できる。Wi-Fi対応機器を複数所有する人向けの端末だ。

 サイズは高さ約64.4mm×幅約95mm×厚さ約17.4mmのコンパクトな端末で、重さは105g。バッテリの消費を低減するスタンバイ機能を搭載し、連続待ち受け30時間、最大で連続6時間の使用ができるという。無線LAN搭載端末の同時接続台数は最大6台まで、AOSSに対応しており、無線LAN端末との設定接続もワンタッチで行える。

 また、microSDカードスロットを装備しているのも特長のひとつだ。コンテンツの自動ダウンロードやアップロードができるアプリケーションが組み込まれており、デジタルカメラで撮影した画像をmicroSDカードに入れておけば、「Picasa」「Flickr」「フォト蔵」のウェブアルバムサービスにアップロードできる。また、インターネット上のニュースサイトや、Podcast、RSSを登録しておき、自動でダウンロードすることも可能だ。

  • 小林氏は、Wi-Fiを搭載したデジタルカメラ「CEREVO CAM」を使ってストリーミングのデモも披露

 さらには、PodCastやニュースなどのウェブサイトを指定した時間やネットワークでダウンロードすることもできるという。

 ポータブルWi-Fiは、NTTドコモが5月18日に発表したデータ通信専用料金プラン「定額データプラン」スタート割引キャンペーンに対応。月額利用料金の上限額は4410円となる。

 NTTドコモは、携帯電話2010年夏モデルの記者会見で「NTTドコモの3G回線でiPadを使いたいというお客様に回線を提供する手段として、アクセスポイントモード機能を搭載した機種を出した」と話しており、iPadでの利用も見込む。

 なお、国内ではNTTドコモのSIMロックがかかっており、海外での利用には対応していない。フィールドトライアルでは、海外での利用を要望する声があったとして、今後はSIMロックフリーなども含めて検討していきたいとしている。

  • 各端末からポータブルWi-Fiに接続して設定する

  • micro SDスロットも搭載。最大16Gバイトまで対応

  • 付属のクレードルを付けると、LANポートも使える

-PR-企画特集