グーグル、「Google Wave」を一般向けに公開へ

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:編集部2010年05月20日 08時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リアルタイムのチャットやコラボレーションを可能とするウェブベースツール「Google Wave」が、一般向けに公開される。

 半年前、大々的に登場したGoogleの同サービスは、ソーシャル分野に新たな側面をもたらしたが、その分野では「Google Buzz」のせいで影が薄くなっていた。Buzzは、広く利用されている「Gmail」に直接組み込まれているため、当初からずっと多くのユーザーを獲得していた。

 今回の一般提供により、Waveの未来は上向くかもしれない。

 Google Waveの製品マネージャーを務めるStephanie Hannon氏は米国時間5月18日付けのブログ投稿で、「われわれが得た貴重なフィードバックから、Waveが、特に頻繁な議論と密接な協調を必要とするプロジェクトに共同で取り組むチームにとって、優れた作業場であることは明らかである」と述べた。「かなり以前にGoogle Waveを試用し、まだ実際に使用できる段階ではないと思ったならば、今こそもう1度試してみるべき時である」(Hannon氏)

 Googleは、「Google Apps」のユーザーに対してもWaveを無償で利用可能にしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加