日立システム、ネットなどから収集した情報を共有できる知識共有基盤製品の新バージョン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立システムアンドサービス(日立システム)は、同社の情報・知識共有基盤「InWeave」シリーズとして「InWeave Collaboration Ver 2.10」を発表した。5月20日から販売を開始する。

 InWeave Collaboration Ver 2.10では、フィードの収集、検索、参照などができる機能を新たに付加した。「テーマ機能」を利用すると、特定のウェブサーバやファイルサーバ、グループウェア、データベースからフィードを収集し、テーマごとにメンバーで共有できる。また、「新着一覧表示機能」では、テーマ内に登録されたフィードの新着情報を表示できる。

 そのほか、有益なフィードに目印を付けてメンバーに参照を促す「クリップ機能」、情報の補足やQ&Aなどのためにフィードにコメントを付与する「コメント機能」などが搭載されている。また、投稿者や閲覧者の権限設定が可能な業務向けグループブログ機能の投稿履歴を表示でき、個人の知識やノウハウを把握する「Know-Who」の機能を備えているとする。

 日立システムでは、これらの機能により「ウェブサーバやファイルサーバなどから最新情報を収集し、社内SNSの蓄積情報に加えて、社内外の情報を一元的に活用できる」とする。InWeaveシリーズについて、製品とソリューションを含め、2012年度までに約10億円の販売を目指すという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加