パナソニック、録画機能付き「VIERA」を拡充--BD&HDDモデルも

加納恵(編集部)2010年05月14日 18時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは、録画機能を内蔵した薄型テレビ「VIERA」シリーズに、HDD内蔵タイプの「R2」とBlu-ray DiscレコーダーとHDDを内蔵した「R2B」シリーズを追加した。5月28日から順次発売する。

 いずれも地上、BS、110度CSデジタルチューナーを2基、地上アナログチューナー1基搭載し、2番組同時録画に対応する。指定した好みの番組ジャンルを自動録画する「お好み録画」機能も装備。WOWOWの1カ月先までの番組表を表示する「1ヶ月番組表」のほか、Gガイドがおすすめする最大1カ月先までの番組タイトルや番組内容を確認できる「注目番組」機能も備えた。

 「ビエラにリンク!」機能も搭載し、インターネットに接続すれば、「Skype」使っての通話ができるほか、デジタルレコーダー「DIGA」の録画番組を別室でも視聴できる「お部屋ジャンプリンク」、アクトビラやYouTubeといったインターネットコンテンツも視聴可能だ。

 R2シリーズは、50V型、46V型、42V型のプラズマテレビと、37V型、32V型、19V型の液晶テレビの計6モデルを発表。32〜50V型までの機種には500Gバイト、19V型モデルには250GバイトのHDDを内蔵する。録画モードは「標準」と「長時間」の2モードを用意した。プラズマテレビが5月28日、液晶テレビが6月11日に発売される。

R2シリーズ R2シリーズ
  • TH-P50R2(店頭想定価格:39万円前後)
  • TH-P46R2(店頭想定価格:29万円前後)
  • TH-P42R2(店頭想定価格:25万円前後)
  • TH-L37R2(店頭想定価格:19万円前後)
  • TH-L32R2(店頭想定価格:14万円前後)
  • TH-L19R2(店頭想定価格:10万円前後)

 R2Bシリーズは、37V型、32V型の2モデル展開となる。320GバイトのHDDとBlu-ray Discレコーダーを搭載し、HDDからBlu-ray Discへの直接ダビングも可能だ。録画モードは「標準」「長時間モード[1](約6Mbps)」「長時間モード[2](約3Mbps)」の3モードを用意。Blu-ray Discレコーダーは本体サイドにスロットイン式のものが搭載されている。7月9日に発売される。

R2Bシリーズ R2Bシリーズ
  • TH-L37R2B(店頭想定価格:24万円前後)
  • TH-L32R2B(店頭想定価格:19万円前後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加