logo

フォトレポート:米沿岸警備隊の新型巡視船「Waesche」--写真で見る最新装備

文:James Martin(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年05月14日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米国時間5月7日、カリフォルニア州アラメダで、8隻の建造が計画されている「国家安全保障カッター(National Security Cutter)」の2隻目が就役した。

 418フィート(約127.4m)の「Waesche」はLegend級のNational Security Cutterで、米沿岸警備隊によると、同隊で最も大きく、技術的に最も高度な船舶だという。作戦即応性を高め、新しい複合的な作戦をより効率的に遂行できるように設計されており、耐久性と航続距離の向上や、持続航行速度の向上が行われ、幅広い目的に柔軟に適応してサポートできるようになっている。

 沿岸警備隊の任務拡大を受けて設計されたWaescheでは、小型ボートやヘリコプター、そして最終的には無人航空機(UAV)の出動と帰還のための機能も向上している。
Scroll Right Scroll Left

 米国時間5月7日、カリフォルニア州アラメダで、8隻の建造が計画されている「国家安全保障カッター(National Security Cutter)」の2隻目が就役した。

 418フィート(約127.4m)の「Waesche」はLegend級のNational Security Cutterで、米沿岸警備隊によると、同隊で最も大きく、技術的に最も高度な船舶だという。作戦即応性を高め、新しい複合的な作戦をより効率的に遂行できるように設計されており、耐久性と航続距離の向上や、持続航行速度の向上が行われ、幅広い目的に柔軟に適応してサポートできるようになっている。

 沿岸警備隊の任務拡大を受けて設計されたWaescheでは、小型ボートやヘリコプター、そして最終的には無人航空機(UAV)の出動と帰還のための機能も向上している。

提供:James Martin/CNET

 米国時間5月7日、カリフォルニア州アラメダで、8隻の建造が計画されている「国家安全保障カッター(National Security Cutter)」の2隻目が就役した。  418フィート(約127.4m)の「Waesche」はLegend級のNational Security Cutterで、米沿岸警備隊によると、同隊で最も大きく、技術的に最も高度な船舶だという。作戦即応性を高め、新しい複合的な作戦をより効率的に遂行できるように設計されており、耐久性と航続距離の向上や、持続航行速度の向上が行われ、幅広い目的に柔軟に適応してサポートできるようになっている。  沿岸警備隊の任務拡大を受けて設計されたWaescheでは、小型ボートやヘリコプター、そして最終的には無人航空機(UAV)の出動と帰還のための機能も向上している。

-PR-企画特集