logo

レイ・フロンティア、ARを利用したiPhone向けゲーム「ララコレ」を開発

岩本有平(編集部)2010年05月11日 20時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レイ・フロンティアは5月11日、拡張現実(Augmented Reality:AR)を利用したiPhone向けのゲームアプリケーション「ララスター・コレクション(ララコレ)」の開発を発表した。

 ララコレは、位置情報を元にしたゲームアプリケーション。「Foursquare」や「はてなココ」のように、現在地を登録する「チェックイン」をすると、ARの画面上にアバターが表示される。アバターは近距離しか表示されないが、時系列で友人のコメントが表示される「タイムライン」も用意しており、距離の離れた友人とのコミュニケーションも可能だという。アバターには育成要素があり、チェックインなどで得られる経験値によって利用できる機能が追加される予定。

 サービスの一般公開は6月の予定。一般公開に先駆けて、ティザーサイトでベータテスター50名を募集する。また5月22日には、ベータテスターを対象にしたイベント「ララコレ暗号解読ゲーム(仮称)」を渋谷にて開催する予定。

ARを利用したゲームアプリケーション「ララコレ」 ARを利用したゲームアプリケーション「ララコレ」

-PR-企画特集