パナソニック、基本性能を強化したノートPC「Let'snote」の夏モデル4シリーズを発売

エースラッシュ2010年05月11日 20時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは5月11日、「軽量・長時間・頑丈(タフ)」設計をコンセプトとしたノートPC「Let'snote」の夏モデル4シリーズを、5月21日より発売すると発表した。

 今回店頭販売向けに発表された夏モデルのラインアップは、14.1型液晶搭載の「F9シリーズ CF-F9KYFSDR」、12.1型液晶搭載の「S9シリーズ CF-S9KYFEDR/S9KYFFDR」および「N9シリーズ CF-N9KYDEDR」、10.4型液晶搭載の「R9シリーズ CF-R9KWCEDR」で、計4シリーズ5機種だ。

 全機種に4Gバイトメモリを搭載し、R9シリーズは250Gバイト、F9とS9、N9シリーズは320GバイトのHDDを搭載した。F9、S9、N9シリーズには、インテル Core i5-520M vPro プロセッサを搭載。R9シリーズには高速なCore i7-640UM vPro プロセッサが採用されている。

 なお、バッテリ駆動時間はF9シリーズが約8.5時間、S9およびN9シリーズが約13時間、R9シリーズが約7時間。購入時のOSはすべてWindows 7 Professional 32ビット版で、ハードディスクリカバリ機能を使えば64ビット版も選択できる。

Let'snote ノートPC「Let'snote」の夏モデル※クリックすると拡大画像が見られます
  • このエントリーをはてなブックマークに追加