富士フイルム、「Keitai Remoteメールアクセス」をSaaS型でも提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士フイルムは、同社が提供する「Keitai Remoteメールアクセス」に新ラインアップを追加し、5月10日より提供を開始した。

 Keitai Remoteメールアクセスは、社外から携帯電話で社内ネットワーク環境に接続し、メールやファイルサーバにアクセスできるサービスだ。富士フイルムの画像変換技術「ドキュメントビューア(GT-Document)」を搭載し、携帯電話からPCと同様にドキュメントを閲覧できる。また、富士ゼロックスのネットプリントを利用すれば、携帯電話で登録したドキュメントを全国のセブン・イレブンに設置された複合機でプリントアウトすることもできる。

 今回新たにSaaSモデルをラインアップに追加した。企業で一般的に使われているメールサーバに対応した「Keitai RemoteメールアクセスPA(POP/SMTP対応版)」「Keitai RemoteメールアクセスNA(Lotus Notes/Domino対応版)」「Keitai RemoteメールアクセスEA(Microsoft Exchange対応版)」の3つ。1ライセンスあたりの月額利用料は1000円程度となっており、100ライセンス単位で提供する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加