logo

ケータイ向け「乙女ゲーム」運営のボルテージ、6月にマザーズ上場

岩本有平(編集部)2010年05月07日 19時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ボルテージは5月7日、東京証券取引所マザーズ市場に新規上場を申請し承認された。上場予定日は6月11日で、証券コードは3639。

 上場にともない20万株を公募し、22万株を売り出す。オーバーアロットメントは6万3000株。公募・売り出し価格の仮条件は5月21日に決定され、ブックビルディング期間は5月25日から5月31日までとなっている。公募・売り出し価格の決定日は6月1日。主幹事証券会社はみずほ証券。

 ボルテージは1999年9月の設立。モバイル向けのコンテンツプロバイダーとして、若い女性をターゲットに占いやデコメ、電子コミックなどのコンテンツを配信するほか、モバイルコマースなどを手掛ける。

 2006年に配信を開始したゲーム「恋人はNo.1ホスト」のヒット以降、女性向けのモバイルゲーム、いわゆる「乙女ゲーム」の事業を強化している。2009年6月期の業績は、売上高が34億3000万円、経常利益が3億400万円、純利益が1億6900万円。

-PR-企画特集