logo

オートデスク、製造業向け設計ソリューションの最新版を発表--操作性や表現力を向上

ZDNet Japan Staff2010年05月06日 19時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オートデスクは5月6日、製造業向け3次元設計ソリューションの最新版「AutoCAD Inventor LT Suite 2011」を発表した。5月19日に出荷が開始される。

 Inventor LT Suiteは、製造、建設、土木など、さまざまな分野で使用されている2次元ドラフティングCADソフトウェアの最新版「AutoCAD LT 2011」と、オートデスクの製造業向け3次元設計ツール「Autodesk Inventor」から、機械部品設計向けに特化した機能をパッケージ化したもの。

 メニューコマンドを使用せず、パーツを直接クリックすることによるダイレクトな操作による3次元モデリングが可能なほか、影やライト、背景などを設定し、実際の製品の使用環境に近いシェーディング表示が可能となっている。また、従来以上にAutoCADのファイル形式であるDWG形式との親和性が高まり、DWGファイルを開かずにファイル内のブロックを検索してInventor上に表示して再利用する機能や、AutoCAD上で設定されているハッチングパターンをインポートして共通化する機能などが追加されている。

 AutoCAD Inventor LT Suite 2011の価格は、23万6250円。アップグレード版が11万8650円。サブスクリプション版が3万7800円。また、5月12日より7月15日まで、特別価格で製品を提供する発売記念キャンペーンの実施を予定している。

AutoCAD Inventor LT Suite 2011 レンダリングに近いシェーディング表示ができるなど、ビジュアライズの機能も強化されている。

-PR-企画特集