フォトレビュー:HPの女性向けデザイナーズPC「HP Mini 210 Vivienne Tam Edition」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ファッションブランド「Vivienne Tam(ヴィヴィアン・タム)」とヒューレット・パッカード(HP)のコラボレーションによって登場したネットブック「HP Mini 210 Vivienne Tam Edition」。芍薬(シャクヤク)の花をモチーフにしたPCとして話題を呼んだ「HP Mini 1000 Vivienne Tam Edition」(2009年2月発売)に続く第2弾で、蝶をデザインしたトップカバーが特徴だ。

 本体のスペックはAtom N450、2Gバイトメモリ、250Gバイト HDD、IEEE802.11b/g/nの無線LAN、10.1インチ液晶となる。液晶画面の解像度は店頭モデルは1024×600ドットだが、直販モデルでは1366×768ドットの解像度を持つ。

 ベースとなった「HP Mini 210」との違いは外見だけではなくスペックにも差がある。液晶画面の解像度は直販モデルが1366×768ドットの高解像度タイプが搭載されるほか、直販および店頭モデルともにOSがWindows 7 Home Premiumになり、メモリが倍の2Gバイトになっている。

 本体のサイズはベースモデルと共通の高さ23.5〜28.5mm×幅268mm×奥行き179mmで、重さは約1.18kg。バッテリ駆動時間は標準の3セルバッテリ使用時で約4.25時間。

 最大の特徴となるデザインは、ヴィヴィアン・タムが発表した2010年春夏コレクションのテーマ「Butterfly Lovers」をテーマとしたもの。本体のトップカバーのほか、デスクトップ画面、フォルダやゴミ箱のアイコンなども蝶をモチーフにしたものとなっている。また、デザイン範囲は蝶が記された付属マウスはもちろん、製品パッケージについても専用デザインが施されている。

 写真は、HP Mini 210 Vivienne Tam Edition。

 ファッションブランド「Vivienne Tam(ヴィヴィアン・タム)」とヒューレット・パッカード(HP)のコラボレーションによって登場したネットブック「HP Mini 210 Vivienne Tam Edition」。芍薬(シャクヤク)の花をモチーフにしたPCとして話題を呼んだ「HP Mini 1000 Vivienne Tam Edition」(2009年2月発売)に続く第2弾で、蝶をデザインしたトップカバーが特徴だ。

 本体のスペックはAtom N450、2Gバイトメモリ、250Gバイト HDD、IEEE802.11b/g/nの無線LAN、10.1インチ液晶となる。液晶画面の解像度は店頭モデルは1024×600ドットだが、直販モデルでは1366×768ドットの解像度を持つ。

 ベースとなった「HP Mini 210」との違いは外見だけではなくスペックにも差がある。液晶画面の解像度は直販モデルが1366×768ドットの高解像度タイプが搭載されるほか、直販および店頭モデルともにOSがWindows 7 Home Premiumになり、メモリが倍の2Gバイトになっている。

 本体のサイズはベースモデルと共通の高さ23.5〜28.5mm×幅268mm×奥行き179mmで、重さは約1.18kg。バッテリ駆動時間は標準の3セルバッテリ使用時で約4.25時間。

 最大の特徴となるデザインは、ヴィヴィアン・タムが発表した2010年春夏コレクションのテーマ「Butterfly Lovers」をテーマとしたもの。本体のトップカバーのほか、デスクトップ画面、フォルダやゴミ箱のアイコンなども蝶をモチーフにしたものとなっている。また、デザイン範囲は蝶が記された付属マウスはもちろん、製品パッケージについても専用デザインが施されている。

 写真は、HP Mini 210 Vivienne Tam Edition。

 ファッションブランド「Vivienne Tam(ヴィヴィアン・タム)」とヒューレット・パッカード(HP)のコラボレーションによって登場したネットブック「HP Mini 210 Vivienne Tam Edition」。芍薬(シャクヤク)の花をモチーフにしたPCとして話題を呼んだ「HP Mini 1000 Vivienne Tam Edition」(2009年2月発売)に続く第2弾で、蝶をデザインしたトップカバーが特徴だ。  本体のスペックはAtom N450、2Gバイトメモリ、250Gバイト HDD、IEEE802.11b/g/nの無線LAN、10.1インチ液晶となる。液晶画面の解像度は店頭モデルは1024×600ドットだが、直販モデルでは1366×768ドットの解像度を持つ。  ベースとなった「HP Mini 210」との違いは外見だけではなくスペックにも差がある。液晶画面の解像度は直販モデルが1366×768ドットの高解像度タイプが搭載されるほか、直販および店頭モデルともにOSがWindows 7 Home Premiumになり、メモリが倍の2Gバイトになっている。  本体のサイズはベースモデルと共通の高さ23.5〜28.5mm×幅268mm×奥行き179mmで、重さは約1.18kg。バッテリ駆動時間は標準の3セルバッテリ使用時で約4.25時間。  最大の特徴となるデザインは、ヴィヴィアン・タムが発表した2010年春夏コレクションのテーマ「Butterfly Lovers」をテーマとしたもの。本体のトップカバーのほか、デスクトップ画面、フォルダやゴミ箱のアイコンなども蝶をモチーフにしたものとなっている。また、デザイン範囲は蝶が記された付属マウスはもちろん、製品パッケージについても専用デザインが施されている。  写真は、HP Mini 210 Vivienne Tam Edition。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加