logo

NTTデータ、SaaS型営業戦略サービス「MaDoRE Spice」を提供開始

富永恭子(ロビンソン)2010年04月27日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTデータは、SaaS型営業戦略サービス「MaDoRE Spice」の提供を4月26日より開始した。同社では、2009年11月よりSaaS型営業支援(SFA)サービスとして同サービスの機能を一部先行開始していたが、今回、BI(Bussiness Intelligence)機能を追加し、本格的に提供を開始する。

 MaDoRE Spiceは、業務アプリケーションとコンテンツを組み合わせて提供する「MaDoRE」シリーズの、営業系業務に特化したサービスだという。MaDoRE Spiceでは、SFA、グループウェア、CRM、BI など、営業のあらゆる活動をサポートする機能をSaaS型で提供しており、ユーザーは部門ごとに目的に合った機能だけを組み合わせて使うことができるという。

 MaDoRE Spiceでは、顧客情報にひもづけてメールを自動的に履歴管理、整理する機能や、組織変更に柔軟に対応できる組織統合処理機能を提供。また、顧客にひもづくメールやスケジュール、日報、ToDo、問い合わせ履歴の一元管理により、過去の顧客情報を素早く検索できる。さらに、ユーザーが分析したい項目をテンプレート化して各種のグラフで表示できるといったBI分析機能が特徴となっている。

 同サービスでは、これらの機能に合わせ、全国の表札つき住宅地図、企業情報、統計データ、地域特性データなど多様なコンテンツから必要なものを選択して、機能と組み合わせて利用できる。そのため、見込み客の開拓や顧客フォローの強化など、ユーザーの収益向上と業務効率化をサポートできるとしている。

 MaDoRE Spiceの価格は、グループウェア、SFA、CRM、分析機能を含む基本構成で、1ユーザーあたり月額9800円より。オプションについては別途見積もりとなる。NTTデータでは、今後、ERPとの連動による着地点予測管理などMaDoRE Spiceのサービス拡充を図り、2013年度までに3億5000万円の売り上げを目指すという。

-PR-企画特集