logo

EMCジャパン、「Avamar」にクライアントPC向けバックアップ機能を搭載

ZDNet Japan Staff2010年04月26日 19時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 EMCジャパンは4月26日、従来エンタープライズ向けの大規模な重複除外ソリューションとして提供してきた重複除外バックアップソフトウェア「Avamar(アバマー)」に、新機能として企業内クライアントPC向けの重複除外バックアップ機能「Avamar Desktop Laptop(Avamar DT/LT)」を搭載すると発表した。Avamar DT/LT機能を備えた新しいAvamarは、同日より販売が開始されている。

 Avamar DT/LTを利用すると、数千台におよぶ大規模なクライアントPCを抱える企業のバックアップを、個人ユーザーが容易に実行できるようになる。1システムで最大5000台のクライアントPCのバックアップをサポートできるという。

 また、クライアント環境のバックアップやリストアを個人ユーザーが自分で行えるよう、ウェブブラウザベースのインターフェースが提供されている。リストアするファイルを確認できるキーワード検索画面や10カ国語対応のインターフェースにより個人レベルでバックアップ管理ができるようになるため、ヘルプデスクへの負担が軽減されるという。また、通常はポリシーに従って自動的にバックアップが行われるため、個人が日々のバックアップの運用を行う必要はない。

 Avamarの重複除外機能により、大規模なバックアップを行っても、ストレージ容量が少なくてすむほか、Avamar DT/LTでは、開いているファイルのバックアップやCPUスロットリング(CPUのリソース割り当て)などの機能が、クライアントPCの5Mバイトのメモリ領域に格納されてバックグラウンドで動作する。これにより、PCやネットワーク帯域に負荷を掛けずにバックアップすることが可能という。

 Avamar DL/TLに対応するクライアント環境は、Windows Vista SP1以降、Windows XP SP2以降となっている(Windows 7には近日対応予定)。クライアントライセンスは無料。提供形態はAvamarソフトウェアとしての単体提供、またはアプライアンスサーバ形式での販売となる。価格は、Avamarソフトウェアの場合186万5000円より(1テラバイト容量ライセンス)。Avamar Data Storeアプライアンスサーバの場合、343万5000円より(容量1テラバイトの最小構成の場合)。既にAvamarを利用しているユーザーは、最新バージョンのAvamarをインストールすることで、Avamar DT/LTを利用することが可能だ。

-PR-企画特集