日立、「Visual Studio Team Foundation Server 2010」をPaaSで提供

田中好伸(編集部)2010年04月26日 19時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は4月26日、クラウドサービス「Harmonious Cloud」にマイクロソフトの「Microsoft Visual Studio Team Foundation Server 2010」を追加して「Microsoft統合開発環境提供サービス」として4月28日から提供することを発表した。月額料金は1プロジェクト5ユーザーで17万4300円から。

 Microsoft統合開発環境提供サービスは、システム開発のプロジェクトやソースプログラムなどを管理するサーバ環境を、ユーザー企業に代わって準備し、日立のHarmonious Cloudセンタから提供する。バージョン管理やレポート機能、コラボレーション機能などプロジェクトの各工程に必要となる機能が提供される。

 従来はサーバを用意し、開発ピーク時に必要な数だけのソフトウェアライセンスの購入が必要であり、開発拠点や開発企業が複数になる場合は共通で利用するサーバ環境の配備などに手間がかかっていた。今回のサービスでは、ソフトウェアライセンスを購入せずに工程ごとに必要な開発人員に応じたライセンスを月額契約で使用できる。開発コストの適正化を図れるとともに、初期コストや作業負荷のかかるサーバ環境の構築が不要となることで、プロジェクトチームでの開発に専念できるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加