サイボウズとソフトバンク提携--業務ツールをiPhone対応に

鳴海淳義(編集部)2010年04月23日 19時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイボウズとソフトバンクモバイルは4月22日、業務提携することを発表した。サイボウズの中小企業向けSaaS「かんたんSaaS」の全アプリケーションをiPhoneに対応させる。

 かんたんSaaSは中小企業向けの業務特化型アプリケーション群をオンラインで提供するサービス。これをPCだけでなく、iPhoneでも最適に表示できるように改良し、ソフトバンクモバイルと共同で販売促進活動を実施する。今後3カ月間で1万社以上の中小企業へiPhoneのビジネス利用を提案していくという。

 サイボウズは主力のグループウェアが数量ベースで国内1位のシェアを誇る。導入実績は3万社、ユーザー数は300万人にのぼるという。ただし、代表取締役社長の青野慶久氏は満足していない。会計ソフトを使う中小企業は100万社以上あるとのデータを持ち出し、サイボウズはまだ「中小企業には浸透できていない」と話した。

 普及が不十分な理由として青野氏は、中小企業の社長は会社にいることが少なく、モバイルでの利用が重視されること、単なるスケジュール共有よりも日々の業務情報を共有したいというニーズがあること、携帯電話のキーボードになれていない人が多いことなどを挙げた。

  • かんたんSaaSの全アプリケーションをiPhoneに対応させる

 これらに対する答えがソフトバンクモバイルとの提携によるiPhone対応だ。かんたんSaaSの業務ツールは2010年中に100種類以上に拡大する予定。これらのツールは、ユーザーごとに好きなものを選んで導入する。1ツールにつき、1ユーザー月額500円から利用できる。

 提供されているツールには、最新の顧客情報を社員で共有できる「顧客台帳」、社員の行動が見える「商談報告書」、リアルタイムで売上を確認できる「売上情報」、対応品質を向上させるための「お問い合わせ・クレーム管理」などがある。

  • iPhoneのUIが簡単な理由

 サイボウズでかんたんSaaS プロジェクトマネージャーを務める野水克也氏は、iPhoneのUIが簡単な理由として、縦、横の移動だけでメニューを行き来できることを挙げた。右に進めばメニューの階層が深くなり、下にスクロールすると項目を選べる。戻るときは左に行けばいい。こういった直感的な操作がこれまでの携帯電話向けサイトでは困難だったという。

 ソフトバンクモバイル執行役員 法人事業推進本部長の安川新一郎氏は、かんたんSaaSを「中小企業向けのキラーアプリケーション」と評価。サイボウズとの提携により、法人向けスマートフォン導入に弾みをつけたい考えだ。

100422_saas1.jpgサイボウズ代表取締役社長の青野慶久氏(左)とソフトバンクモバイル執行役員 法人事業推進本部長の安川新一郎氏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加