logo

アマゾン、アナリスト予想を上回る好調な第1四半期決算を発表

文:Sam Diaz(ZDNet.com) 翻訳校正:矢倉美登里、福岡洋一2010年04月23日 12時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazon.comは米国時間4月22日、アナリスト予想を上回る第1四半期(2010年1-3月期)決算を発表した。しかし、投資家は第2四半期の見通しについて懸念しているのか、同社の株価は時間外取引で下落した。

 Amazonの第1四半期の純利益は2億9900万ドル(1株当たり66セント)で、前年同期比68%増となった。売上高は71億3000万ドルで、前年同期比46%増だった(Amazonの発表)。アナリストの予想では、売上高が68億ドル、1株当たり利益が61セントとなっていた。

 同社は声明の中で、「Kindle」が「売り上げ第1位のベストセラー製品」だと再び述べているが、今回もKindleの売上データは明らかにしなかった。「iPad」が発売され、近いうちに他のタブレット機器も登場すると予想されることから、Kindleがどれだけ売れているかというデータはますます重要になっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集