logo

キヤノン、「PHOTOモード」を搭載した「SX7 Mark II」など液晶プロジェクタ5機種

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キヤノンは4月22日、明るい環境でも写真を階調性豊かに投写できるハイビジョン対応の「パワープロジェクター」シリーズ「SX7 Mark II」など5機種を発表した。

 SX7 Mark IIは、SXGA+に対応した1400×1050画素のLCOS(エルコス)パネルを採用し、独自の光学システム「AISYS(エイシス)」を搭載した液晶プロジェクタだ。

  • SXGA+/ハイビジョン対応の「パワープロジェクター」シリーズ「SX7 Mark II」

 設置場所の照明の種類や明るさに合わせて投写映像の色合いなどを細かく調整できる「PHOTOモード」を搭載し、明るい室内で投写する際に起こりがちな、黒側の階調性が失われる問題を低減した。デジタル写真の表示に適したきめ細かな設定が行えるとしている。

 また、オプションで医療用画像の国際標準規格DICOMに近似した「DICOM SIMモード」に対応。微妙な濃度の違いを表現できるため、医療系教育機関における講義や医学学会での発表、院内カンファレンスなどで威力を発揮するという。

 このほかにXGA液晶プロジェクタ「LV-7385」(輝度3500ルーメン)と「LV-7380」(輝度3000ルーメン)、「LV-7285」(輝度2600ルーメン)、WXGAパネルを搭載した「LV-8310」(輝度3000ルーメン)の4機種もラインアップした。

  • XGA液晶プロジェクター「LV-7385」

 LV-7385とLV-7380、LV-7285は、それぞれ3500ルーメン、3000ルーメン、2600ルーメンの輝度を実現し、大会議室でも十分な明るさで投写できる。また、プレゼンテーションやビデオなど、5つのイメージモードを装備し、映像に応じてガンマ特性や色調を設定可能だ。

 さらに、狭い会議室でも大画面投写ができる「短焦点+1.2倍ズーム」機能により、スクリーンから約2.5mの距離があれば、80インチの大画面投写が可能だ。奥行きのない小会議室やミーティングスペースなどに対応する。

  • WXGAパネルを搭載した「LV-8310」

 高輝度3000ルーメンのLV-8310には、WXGA(1280×800)パネルを搭載した。横ドット数はXGA(1024×768)の1.25倍、面積では1.3倍となり、より広範囲の情報を表示できる。

 また、LV-7385とLV-7380、LV-7285と同様に、5つのイメージモードを装備し、短焦点+1.2倍ズーム機能を搭載した。

 価格と発売時期は、SX7 Mark IIが73万2900円で5月中旬、LV-7385は31万2900円で6月下旬、LV-7380は20万7900円、LV-7285は15万5400円でいずれも5月上旬、LV-8310は26万400円で4月下旬の見込み。

-PR-企画特集