logo

パイオニア、iPhone/iPod touchアプリで操作できるAVアンプとBDプレーヤー

加納恵(編集部)2010年04月20日 17時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パイオニアは4月20日、AVアンプ3機種と、Blu-ray Discプレーヤー2機種を発表した。iPhoneやiPod touchから操作できる専用アプリ「iControlAV」を用意した。

 発表されたのは、AVアンプ「VSA-1020」(1020)、「VSA-920」(920)、「VSA-820」(820)と、Blu-ray Discプレーヤー「BDP-LX53」(LX53)、「BDP-330」(330)の計5機種となる。iControlAVは、820を除く新製品をiPhoneやiPod touchから操作できる専用アプリケーション。App Storeから無料でダウンロードできる。各製品をネットワーク接続することで利用が可能だ。

 iControlAVでは、Blu-ray Discプレーヤーの再生、停止、早送り、早戻しなどの基本操作ができるほか、AVアンプの入力切り換え、サラウンドモード選択などのリモコン操作が可能。画面上のボールを転がすことで音のスウィートスポットを設定できるなど、iPhoneやiPod touchのバランスセンサーをいかした操作方法もサポートする。

 AVアンプは、前面にUSB入力端子が装備され、iPhoneやiPodとのデジタル接続が可能。音楽のほかテレビに接続しビデオ再生もできるよう、オリジナルの「USB with Video」ケーブルも同梱される。

 このほか、別売のBluetoothアダプタ「AS-BT100」を購入すれば、Bluetooth対応のデジタルプレーヤーなどと連動し、ワイヤレスで音楽が聞ける。AVアンプ本体には、Bluetooth伝送時の高音質化技術「Sound Retriever AIR」を搭載し、音声データの圧縮工程時に低下した音源の音質を向上するほか、Bluetooth伝送時のS/N比もアップさせているとのことだ。

 上位機となる1020と920では、ワイドサラウンド、アドバンスド サラウンドモード-ハイト/ワイド、バーチャルサラウンドバックなどの新音場を装備。さらにインターネットラジオも搭載している。

 発売は6月中旬から。定価は1020が10万8000円、920が8万4000円、820が4万9800円となる。

iControlAVの操作画面
  • 「VSA-1020」

  • 「VSA-920」

  • 「VSA-820」

 Blu-ray Discプレーヤーは、端子の金メッキ処理や高品位コンデンサを採用した上位のLX53と、スタンダードモデルの330の2機種をラインアップした。

 いずれもネットワーク機能を備え、iControlAVによる操作のほか、YouTubeの再生やRSSリーダにも対応する。RSSリーダでは、テレビ画面上にRSSで取得した情報をテロップのように流すことができるという。

 別売のUSB無線LANアダプタ「AS-WL100」(7月発売予定)を利用すれば、無線LANとしての利用も可能だ。発売は5月中旬から順次。価格はLX53が7万6500円、330がオープンとなる。

  • 「BDP-LX53」

  • 「BDP-330」

 

-PR-企画特集