富士通、サーバラック搭載に最適なレイヤ2スイッチ「SR-Xシリーズ」を販売開始

ZDNet Japan Staff2010年04月20日 13時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は4月20日、サーバラックへの搭載に最適なレイヤ2スイッチ「SR-Xシリーズ」を同日より販売開始すると発表した。

 SR-Xシリーズは低消費電力設計により、すべての製品において省エネ法が定める省エネ性能が優れている機器の基準を満たしているという。装置内に内蔵したセンサによって消費電力が監視でき、測定した消費電力はSNMP(Simple Network Management Protocol、通信機器をネットワーク経由で監視および制御するためのプロトコル)によって採取できる。未使用ポートは消費電力を自動的に抑止する設計になっている。

 また、SR-Xシリーズはサーバと同じ方向のエアフローである前面吸気、後面排気に合わせた吸排気構造となっており、サーバラック内の熱流を同一方向に循環させることで、効率的に空気が冷却できるという。

 ケーブルを接続するインターフェースは、サーバラック内に搭載したサーバのケーブル接続インターフェースと同じ方向に設計し、ケーブル配置を容易にした。電源は、データセンターなどで多く利用されているAC200Vの工業用電源に標準対応している。

 SR-Xシリーズのラインアップは以下の通り。

ラインアップ

 それぞれの価格と出荷時期は以下の通りだ。

価格
  • このエントリーをはてなブックマークに追加