logo

デノン、音圧バランスの調整で最適な音響特性を引き出すインナーイヤーヘッドホン

加納恵(編集部)2010年04月19日 19時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デノンコンシューマーマーケティングは、アコースティックオプティマイザーの採用によって、最適な音響特性を実現するインナーイヤーヘッドホン「AH-C560」(C560)と、「AH-C260」(C260)を発表した。発売時期と店頭想定価格は、上位機のC560が5月中旬で8000円前後、C260が6月中旬で3000円前後になる。

 C560は、ネオジウムマグネットを採用した直径11.5mmのドライバユニットを内蔵。エルゴノミクスデザインの形状により、周囲の音を低減し、音楽を楽しめる構造になっている。イヤーピースはS、M、Lの3タイプを用意。クリップ、キャリングケースが付属する。ボディカラーはブラックとシルバーの2色となる。

 C260は、ネオジウムマグネット採用の直径9.0mmドライバーユニットを採用した。イヤーピースはXS、S、M、Lの4タイプを付属し、女性にも最適なモデルという。ボディカラーはブラック、ホワイト、ゴールドの3色をラインアップしている。クリップとコードホルダが付属する。

  • 「AH-C560」

  • 「AH-C260」

-PR-企画特集