東芝、全26機種がLEDバックライト&録画対応へ--液晶テレビ「LED REGZA」を発表

加納恵(編集部)2010年04月14日 19時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は4月14日、液晶テレビ「REGZA」シリーズにおいて、LEDバックライトを採用した「LED REGZA」を発表した。「Z1」「RE1」「HE1」の3シリーズ、26機種を発売する。新製品は、19V型から55V型までのすべての機種にLEDバックライトと録画機能を内蔵した。

東芝のビジュアルプロダクツ社映像マーケディング事業部事業部長の村沢圧司氏 東芝のビジュアルプロダクツ社映像マーケディング事業部事業部長の村沢圧司氏

 東芝のビジュアルプロダクツ社映像マーケディング事業部事業部長の村沢圧司氏は「2009年度の国内テレビ市場はエコポイント需要により大きく伸長した。地上デジタルテレビの所有率は1台目は約75%まで到達しているが、一世帯の平均テレビ所有台数が3台であることを考えると、2010年は2009年をさらに上回る過去最高の販売台数1600万台を見込んでいる」と国内のテレビ市場規模を予測。

 さらに「2009年下期の東芝のテレビ販売台数は対前年比で大きく伸長し、3月には対前年比311%増と大幅に伸長した。グローバルでの販売目標台数である1000万台も達成し、2009年度は国内薄型テレビ総合シェアにおいて2位を獲得している」と続け、好調さを語った。

 新機種はエンジン部分を刷新し、全機種に次世代「REGZA ENGINE」を搭載。LEDバックライトとの相乗効果により高画質を再現するという。

 LEDバックライトは、Z1、37V型以上のRE1シリーズで、エリアごとに明るさを制御するLEDバックライトコントロールシステムを採用。バックライトを上下に配したエッジタイプにすることで、薄型化を実現させたという。

 最上位シリーズとなるZ1は、37V型、42V型、47V型、55V型の4サイズ展開。USB/LAN HDDを接続することで、録画に対応する。地上デジタルチューナーは3つ搭載し、番組を視聴しながら2番組をUSB HDDに同時に録画できる「地デジ見ながらW録」が可能。再生機能も強化しており、録画番組の本編とCMを自動でチャプター分割する「マジックチャプター」、本編だけを再生する「おまかせプレイ」などを備える。ホームネットワーク機能DLNAに対応し、別の部屋からの番組再生をサポートするほか、Windows 7搭載のPCの「リモート再生」を使えば、PC内の映像や音楽を視聴できる。

  • 55Z1(店頭想定価格:48万円前後、6月下旬発売)
  • 47Z1(店頭想定価格:38万円前後、6月下旬発売)
  • 42Z1(店頭想定価格:30万円前後、6月上旬発売)
  • 37Z1(店頭想定価格:25万円前後、6月上旬発売)

 RE1シリーズは、USB HDD接続に対応したモデル。19V型から55V型まで8サイズを揃える。37V型以上のモデルには、Z1シリーズ同様の「クリアLEDパネル」を採用。ブラックボディに加え、26V型、32V型ではホワイト、19V型、22V型ではホワイト、レッドをカラーバリエーションとして用意した。

  • 55RE1(店頭想定価格:43万円前後、7月上旬発売)
  • 47RE1(店頭想定価格:33万円前後、6月下旬発売)
  • 42RE1(店頭想定価格:25万円前後、5月上旬発売)
  • 37RE1(店頭想定価格:20万円前後、5月中旬発売)
  • 32RE1(店頭想定価格:15万円前後、8月上旬発売)
  • 26RE1(店頭想定価格:11万円前後、6月上旬発売)
  • 22RE1(店頭想定価格:9万円前後、6月上旬発売)
  • 19RE1(店頭想定価格:8万円前後、6月上旬発売)

 HE1シリーズはUSB HDDのほか、500GバイトのHDDを内蔵した。26V型、22V型、19V型のすべての機種でDLNA、インターネット機能を内蔵。「アクトビラ ビデオ・フル」「テレビ版 Yahoo!JAPAN」なども、上位機同様に利用できる。

  • 26HE1(店頭想定価格:14万円前後、7月上旬発売)
  • 22HE1(店頭想定価格:12万円前後、7月上旬発売)
  • 19HE1(店頭想定価格:11万円前後、7月上旬発売)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加