logo

インテル、「Sandy Bridge」の生産を2010年内に開始へ

文:Tom Espiner(ZDNet UK)  翻訳校正:湯木進悟2010年04月14日 10時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは、次世代チッププラットフォーム「Sandy Bridge」(開発コード名)の生産を2010年内に開始する予定であると述べた。

 Intelのアーキテクチャグループ共同ゼネラルマネージャーであるDavid Perlmutter氏は現地時間4月13日、北京で開催の「Intel Developer Forum」(IDF)カンファレンスにおいて、Sandy Bridgeは「Intel AVX(Intel Advanced Vector Extensions)」を実装する初めてのアーキテクチャとなると述べた。

 Perlmutter氏は声明で、「Intelアーキテクチャは、コンピューティングの仮想連続体を形成する全コンピューティングデバイス上で基礎となる、パフォーマンスとパワーの最適なコンビネーションを提供する」と語った。

 「Nehalem」の後継となるSandy Bridgeは、IntelのHigh-kを用いた第2世代の32ナノメートルプロセス技術がベースとなっている。同アーキテクチャは、22ナノメートルへの次なるプロセス移行をまたがるものとなる予定だ。

 Sandy Bridgeアーキテクチャを用いて製造されるプロセッサは、画像、動画、オーディオの処理速度を高速化するIntel AVXをサポートすると、同声明で説明されている。Intel AVXではまた、エンジニアリングアプリケーション、3Dモデリング、科学的なシミュレーション、ファイナンシャル分析処理などの高速化も図られている。

 Intelによると、Sandy Bridgeアーキテクチャを用いた暗号化および復号化処理も高速化されるという。Sandy Bridgeは、データの暗号化と復号化を高速化する目的で設計された7種類のソフトウェア命令から成る「Intel Advanced Encryption Standard New Instructions(Intel AES-NI)」をサポートしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集