logo

マウスコンピュータ、新ブランド「Lyumo」からデジタルプレーヤー2機種

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マウスコンピューターは4月9日、オーディオプレーヤー「M31 SHINING(シャイニング)4Gバイトモデル」と、リボルブ(回転)×タッチキーの新操作感を採用したマルチメディアプレーヤー「M41 REVOLVE(リボルブ)4Gバイトモデル」を発表した。

 同日よりオンラインショップ「iriver e ストア」で先行予約を開始し、4月16日から家電量販店などで順次発売する。直販価格はM31 SHININGが4980円、M41 REVOLVEが5980円となる。

 新製品は新ブランド「Lyumo(リューモ)」の第1弾モデル。「ライフスタイルをより快適に過ごしてもらいたい」をコンセプトに、従来のdemeeブランドも統合する。いずれも4Gバイトの内蔵メモリを備え、電源にはリチウムポリマー内蔵充電池を使用。FMチューナを搭載する。

 M31 SHININGは、シャイニーなボディカラーに、有機ELディスプレイが浮かび上がる、クールなデザインを採用。ブラックとパープルの2色をラインアップした。

 スライド式USBコネクタを内蔵し、直接PCへの接続が可能。音楽だけでなくPCデータもドラッグ&ドロップで移動できる。

 本体サイズは高さ約26mm×幅80.5mm×厚さ11mmで、重量は約22g。約20時間の長時間連続再生が可能だ。

M31 SHINING オーディオプレーヤー「M31 SHINING 4Gバイトモデル」

 M41 REVOLVEは、6種類のプリセットイコライザを搭載し、高音質サウンドで再生するとのこと。

 本体サイズは高さ約88mm×幅40.4mm×厚さ8mmで、重量は約45g。1.8型TFTカラー液晶を搭載し、動画や画像を再生できる。テキストデータにも対応しているため、移動中に会議などの資料も確認可能だ。

 タッチキーを採用し、回転(リボルブ)やタッチで操作ができる。タッチすると本体の三角形部分が光って知らせてくれる。

M41 REVOLVE マルチメディアプレーヤー「M41 REVOLVE 4Gバイトモデル」

-PR-企画特集