アイ・オー・データ機器、ネットブックに最適な超小型の無線LANアダプタなどを発売

エースラッシュ2010年04月02日 12時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイ・オー・データ機器は4月1日、シンプルデザインの無線LANルータやネットブックに適した超小型の無線LANアダプタなどを、4月上旬より順次発売すると発表した。

 今回発売されるのは、IEEE 802.11b/g/nに準拠した無線LANルータ「WN-G300DRシリーズ」と、IEEE 802.11b/gに準拠した「WN-G150Rシリーズ」だ。

 WN-G300DRシリーズは、送受信に2本のアンテナを使用することで300Mbpsの安定した通信が可能なほか、あらゆるUSB機器を離れた場所に設置して利用できる「net.USB(USBデバイスサーバ)機能」を搭載。無線LANルータ本体「WN-G300DR」および、無線LANルータとアダプタ「WN-G300U」がセットになった「WN-G300DR-U」の2種類が用意されている。

 一方のWN-G150Rシリーズは150Mbpsで、こちらも無線LANルータ本体「WN-G150R」および、無線LANルータとアダプタ「WN-G150U」がセットになった「WN-G150R-U」の2種類が選択できる。なお、両シリーズの無線LANアダプタは超小型ボディを採用しており、ネットブックでの利用にも最適といえる。

  • WN-G300DR

  • WN-G300U

  • WN-G150R

  • WN-G150U

 価格および出荷予定日は、WN-G300DRが9300円で5月中旬、WN-G300DR-Uが1万1500円で5月中旬、WN-G150Rが6200円で4月下旬、WN-G150R-Uが7900円で5月中旬、WN-G300Uが3000円で4月上旬、WN-G150Uが2000円で4月上旬になる見込みだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加