logo

アップルの元「iPod」担当幹部が退社か--米報道

文:Steven Musil(CNET News) 翻訳校正:緒方亮、高森郁哉2010年03月31日 14時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 The New York Timesの報道によると、「iPod」や「iPhone」の産みの親の1人であるTony Fadell氏が、9年間続いたAppleとの関係を公式に断つという。

 Fadell氏はiPod担当シニアバイスプレジデントを7年間務め、Appleの復活に重要な役割を果たしたと広く称賛されている。2008年11月にiPod担当の役職を降りたが、同社最高経営責任者(CEO)Steve Jobs氏のアドバイザーとして会社にとどまっていた。報道によると、Fadell氏は米国時間3月29日夜にApple退社をオンラインで発表する見込みだという。

 Fadell氏は2001年、iPod技術チームの立ち上げメンバーになり、2006年にはJon Rubenstein氏の後を継ぎ同部門のトップに昇進した。Rubenstein氏は現在、PalmのCEOを務めている。Fadell氏は、携帯音楽プレーヤーとデジタル音楽ストアを結びつけるアイデアの背後にいた人物として、Fortuneから評された。報道によると、Fadell氏はこのアイデアをシリコンバレーで売り込んでまわり、シアトルに拠点を置くRealNetworksでの6週間の在籍などを経て、Appleにたどり着いたという。

 Fadell氏の在任期間中、iPodは新奇な製品から収益源へと成長し、Appleのパーソナルコンピュータ分野における復活とモバイルコンピューティングへの参入に道を開いた。

 Appleの関係者にコメントを求めたが、記事執筆時点までに回答は得られなかった。

 Fadell氏は、複数企業の顧問と、環境技術企業への投資に注力する計画だと述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

-PR-企画特集