logo

運転履歴を自動記録するテレマティクスサービス、トヨタが法人向けに開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トヨタ自動車とトヨタメディアサービスは運行管理業務を支援するテレマティクスサービス「G-BOOK BIZ」を開発した。3月30日より全国のトヨタレンタリース店を通じて、カーリースを利用する法人向けに提供している。

 G-BOOK BIZは、専用の車載機で収集した車両の走行情報や位置情報をテレマティクスサービス「G-BOOK」のセンターで収集し、専用のウェブサイトを通じてユーザーに提供するサービス。走行距離や時間、駐車位置などの情報が運転履歴として自動で登録される。このため、運行管理業務の精度向上と工数削減が期待できるという。

 アイドリング状態で一定時間停止していた回数や、運行時の最高速度、シートベルトの非装着、長時間の連続運転などの履歴をまとめた運転診断レポートの作成も可能。ドライバーが極端にスピードを加速/減速させた場合に、車載機本体から警告音を発して注意をうながす機能も備える。車両盗難時には位置追跡や警備員の派遣ができるサービスも用意した。

運転診断レポート 運転診断レポート

 カーナビゲーションシステムは不要で、データセンターやネットワークは既存のG-BOOKセンターと共用が可能なため、低価格でサービスを提供できたという。サービス料金はカーリース代に含まれるが、参考価格は月額2500円程度(税抜き、車載機価格を含めた60カ月リース契約の場合)としている。

-PR-企画特集