「本当に検索の会社?」への回答--NAVERがリアルタイム検索など新サービス公開 - (page 2)

鳴海淳義(編集部)2010年03月30日 11時15分

 「我々が志向するのは、“いま話題になっていること”が流通するためのプラットフォーム。それは人が集まることによって、情報が集まり、磨かれ、付加価値を伴ってユーザーに返っていくというエコシステムでもある。NAVERまとめはネット上の情報を拾い上げ、1つの話題に整理する。pickは各ユーザーがネット上の話題を磨きあっていく仕組み。2つの性質が異なる話題生成サービスが作り出したものを受け取るのが検索の役目になる。検索側で『いまこれが話題です』という結果を出すことで、循環ができてくる」(舛田氏)

 Nドライブは、ネット上に簡単にデータをアップロードするための保管スペースとして用意した。NAVERフォトエディターは画像のアップロードを支援するのが目的だ。これらもネット上により多くの“話題”が作られるようにとリリースした。

 「ただ、これらのサービスはNAVERのためだけにあるわけではなく、情報をアップロードする場所はどこでもかまわない。はてなブックマーク、Twitter、Tumblrなど、ほかのサービスが盛り上がって、結果的に我々のプラットフォームが豊かになればと思っている。そのためのツール類は今後も積極的に出して行く」(舛田氏)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]