logo

TBSラジオ、有料音声コンテンツのポータルサイトを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 TBSラジオ&コミュニケーションズ(TBSラジオ)は、全国のラジオ局やコンテンツプロバイダが制作した有料音声コンテンツを集めたポータルサイト「らじこん」を4月5日に開設する。これに先立ち、3月25日にプレサイト「らじこんβ版」を公開した。

 らじこんは、TBSラジオが2009年秋に稼働を開始したコンテンツ配信プラットホームをベースとした、有料音声コンテンツをカテゴリ別や局別、キーワードで検索できるポータルサイト。同社によると、ラジオ局の有料コンテンツを横断的に検索、ダウンロードできるのは初という。テレビやラジオなどの放送局が運営する有料配信サイトではコンテンツをストリーミング配信することが多いが、らじこんβ版ではポータブルミュージックプレーヤーにコピーできるよう、ダウンロード型を採用した。

 TBSラジオのコンテンツ配信プラットホームを利用することで、一般的な配信サイトに比べて短期間でのコンテンツ販売が可能になり、価格設定や決済手段などの自由度が高いことから高利益分配が見込めるという。

 3月25日時点で参加しているコンテンツプロバイダーはTBSラジオのほか、和歌山放送、ラジオ福島、秋田放送、テレコム・サウンズ。TBSラジオでは「女子アナウンス部御中」「JUNK」「宮川賢のパカパカ行進曲」「久米宏 ラジオなんですけど」などの番組関連コンテンツ、TBSラジオに残されたアーティストや著名人の声と語りを紹介する「新発掘! 語りの巨人たち」などのコンテンツの配信準備を進めていくとしている。

-PR-企画特集